【中央法務事務所】高い専門性をもった土地家屋調査士業務

中央法務事務所 サイトマップ
  • ホーム
  • ごあいさつ
  • 業務概要
  • 司法書士業務
  • 土地家屋調査士業務
  • 事務所案内
  • 事務所概要・沿革
  • 地図
  • 採用情報
  • 募集要項
  • 相続手続の基礎知識
  • 手続スケジュール
  • 手続チェックリスト
  • 不動産の相続登記
  • 相続登記の必要書類
  • リンク集
  • 個人情報保護について
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • お問い合わせ 電話03-6419-8111 中央法務事務所 東京都港区南青山5丁目10番2号 第2九曜ビル
業務概要
私たち中央法務事務所は、司法書士と土地家屋調査士の合同事務所であり、不動産登記・商業登記・測量を中心に確かな実績と高度なノウハウを蓄積してきました。不動産に精通したスペシャリストの連携により、全国の法人および個人のお客様から寄せられる様々なご相談に、迅速かつ確実に応じることをミッションと考えています。
土地家屋調査士業務

土地家屋調査士業務は、土地や家屋の所有者にかわって、土地・家屋の測量・調査を実施し、表示に関する登記(所在、地番、地目、地積、建物の構造)の申請手続きを行います。この表示に関する登記は、権利関係の前提となるもので、資格者によって公平な立場で土地の境界を確定したり、どのような建物であるか、法務局に申請します。これは将来的なトラブルを回避するためにも、トラブルをスムーズに解決するうえでも非常に重要で、相続にともなう分筆や権利関係の整理・移転、地域社会での安定した不動産の保持、不動産の円滑な流動などにとって、なくてはならない重要な業務です。
中央法務事務所では、2名の土地家屋調査士、有資格者を有し、司法書士業務との連携により、専門性の高い登記実務をより迅速かつ柔軟に対応することが可能となっています。不動産登記は、土地家屋調査士による「表題部」の登記と司法書士による「権利部」の登記が一体となっているので、事務所内で両者の連携が図られることで、極めて効率のよい登記実務が可能となります。
特にマンション開発やタウン開発など、数多くの登記を行わなければならない案件では、両者の連携によるスピーディーかつ円滑な実務能力が一際強みを発揮します。土地の仕入れ段階からビジネスパートナーとして関わり、プロの目線を持った両有資格者のスクラムで、不動産登記をトータルにサポートします。

ページの先頭へ